企業を良い方向に持っていく

ISO規格は企業に様々なメリットを与えますが、基本的にルールや運用を決めるのは経営陣になります。どのようにしたら良くなるのか、という部分をしっかりと考えてルールやシステム作りを行なっていきましょう。

ISO規格が企業に与えるメリットランキング

no.1

海外と取引が出来る

ISO規格が企業に与えるメリットのランキングで1位になったのは、海外との取引が可能になることでした。国内だけでなく、事業を広げるために海外へ進出するきっかけにもなるため、多くの企業がメリットとして有り難いものだと感じているようです。ISO規格にも種類があるので事業の展開方法などを考えて、取得をするようにしましょう。

no.2

知名度が上がる

ISO規格を取得することで、様々な企業と取引が出来るようになります。海外への事業展開も可能になるので、知名度を上げることが出来るのです。もし海外での取引がうまくいけば、国内でもいろんな企業に注目される存在になれるので、ISO規格が企業に与えるメリットランキングでは2位になっています。

no.3

信頼が生まれる

ISO規格は簡単に取得することが出来ません。国際的に認められている規格になっているので、規格をクリアするためには厳しい審査に通る必要があるのです。難しい規格をクリアして取得する事が出来た企業は、信頼を得ることが出来るようになり、顧客だけでなく取引先にも評価されるためメリットランキングでも上位になっています。

no.4

業務効率が良くなる

ISO規格の取得の際、様々な業務を見直す必要があります。この見直しを行なうことで業務の無駄を省き、効率化を図ることが出来るのです。このメリットは多くの企業に業績向上のメリットを与えるということで評価されています。さらに業績が向上するだけでなく、ルールの明確化を図ることも出来るので一石二鳥とされていますよ。

no.5

宣伝効果がある

ISO規格が企業に与えるメリットランキングで惜しくも5位に選ばれた内容として、「宣伝効果」があります。ISO規格自体、最近は多くの企業が取得に励み、取得後は消費者などにアピールしているため、取得をすれば宣伝効果が期待できるのです。

ISO規格の種類のまとめ

「ISO14001」

ISO規格の中でも、環境に関する規格がISO14001になっています。建築工事などの企業が多く取得しているとされています。

「ISO22000」

ISO22000は食品安全マネジメントシステムになっています。言葉通り食品を安全に扱うためのシステムになっており、食品を扱う企業のほとんどが取得しています。

「ISO39001」

交通事故や道路事故を無くそうとする取り組みとしてISO39001の規格が設けられています。道路工事企業や運送業者などが取り組んでいる規格となっています。

世界に通用するISO規格

IT

ISO規格は国際基準

ISO規格は国際基準で定められている工業規格になっています。この規格は数字により規格内容が異なっており、ISO9001は品質マネジメントシステムとなっており、品質向上を目指す規格として多くの企業が取得に向けて取り組んでいます。

取得をすることで

ISO9001も規格を取得することで、取得をした企業の行なう品質マネジメントシステムは国際基準ということになります。国内だけでなく、国外にも通用出来る企業として名を売ることも出来ますし、国内ユーザーから信頼を得ることも出来るでしょう。信頼を得ることができるということは、企業によってとても大切なことなのです。

広告募集中